エキサイトブックス
カテゴリ
全体
今年の全国アートNPOフォーラム
●アートNPO★NEWS
●事務局からのお知らせ
●次回*アートNPOフォーラム
●学校・講座
●事務局つれづれニッキ
●突撃!隣のアートNPO
●Beautiful Experienc
以前の記事
カテゴリ:●突撃!隣のアートNPO( 15 )
伝書鳩フォーラムに行ってきました
大阪市の芸術創造活動支援事業として開催された、伝書鳩フォーラム。
今年で2回目となるフォーラムは、1月21日-22日の二日間にわたり大阪市役所のホールで開催されました。
いつもお世話になっている輪音プロジェクトの田中さんらプロジェクトメンバーが担当企画委員となり、中之島4117が主催。
当フォーラムには、アートNPOリンクも後援させていただきました。
打合せと重なってしまったので、22日の午前中だけしか行けませんでしたが、どれも興味深いプレゼンテーションでした。舞鶴での展覧会でもご一緒させていただいた美術家の小山田徹さん、言わずと知れたBEPPU PROJECTの山出淳也さん、ランドスケープといえば!ハナムラチカヒロさんによるプレゼントークの風景。
在阪の若いクリエーターたちがたくさん来ていました。
d0097288_14434338.jpg

会場を構成しているこの大きな建造物は、2010年のデータバンクでも紹介した、コーポ北加賀屋に拠点をもつdot architectsさん。(いつもお世話になっておりますー)
d0097288_1447993.jpg
そこにいるのは、ココルームの上田さん。(いつもお世話になっておりますー)
d0097288_14463534.jpg
小さなマシーンからなにやら領収証のようなものが出ています。なんとこれ、twitterのつぶやきが印刷されて出て来るというもの。当日は、ust中継もしていたので、それをみた方がツイートしていました。
この設備を担当していたのが、淡路島アートセンターの今田くん。(いつおお世話になっておりますー)
d0097288_1450345.jpg

その後、ハナムラさん、小山田さん、山出さん、4117の渡邉さん、ココルームの上田さん、前日の登壇ゲストだったACACの服部くんらとランチに。
[PR]
by artsnpolink | 2012-01-23 14:31 | ●突撃!隣のアートNPO
メイリントーン♪
以前このコーナー「突撃!隣のアートNPO」で紹介した、元明倫小学校のアーティスト・イン・レジデンスの続報です!
http://meirinair.exblog.jp/
昨日、11月13日にアーティスト・イン・レジデンスの集大成として、「メイリントーン音楽会」が開催されました!
今回滞在されたのは、中村絵美さん。札幌で、アーティストをめざす若い学生さんです。
現在、アーカスのディレクターでもある、小田井真美さんがディレクションし、NPO・NEXT100のみなさんを中心にこの事業が展開されていました。
そこで、さっそく鳥取に行ってまいりました。

この日は秋には珍しく、黄砂が舞う曇り空。京都よりは少し肌寒い気温。
倉吉の円形校舎に向かうと、ありましたメイリントーンのポスターが。
d0097288_1731710.jpg
メイリントーンでは、地元の方々からいらなくなったお鍋やら空き缶やらを提供してもらい、打楽器を創作。さらには、地元中学校の先生がマーチを作曲してくださったとのこと!
いろんな広がりがうまれたのだなーと感じます。
聞くところによると、ほかにも、いろんな方々が主体的に参加してメイリントーンが完成したそう。
これぞ地域力。

僕たちが向かったときには、すでに円形校舎を出て、町の中を練り歩いている時間だったので、校舎をちらっと見学したのち、白壁が立ち並ぶ倉吉のうつくしい町並みをみながら、最終ゴール地点の公園に向かいました。
まちには、観光客の方も多く歩いておられました。
公園はどこか分かるかなぁと探しながら歩くと、思いのほかすぐに見つかりました(笑)
だって、なにやら不思議な荷車があって人だかりができてるんだもん!
d0097288_178233.jpg
みなさん手にいろんな金物をもっています。
d0097288_1792759.jpg
彼女が作家の中村さん。
後ろにあるのが、今回のために作曲したマーチだそう。
マーチの演奏が始まると、なにやら不思議なダンスがはじまりました。
d0097288_1710636.jpg
マーチは、ケチャみたいな感じで、たぶん一つ一つの音はシンプルなリズムなんだと思うけれど、いろんなリズムが一緒に合わさると、リズミカルで楽しいマーチになってびっくり。
アンコールでは、見学の方にもダンスの参加を呼びかけました。すると、いの一番に、おじいちゃんが挙手して名乗りを上げます。さらに、関西からかな?、関西弁の若いお兄ちゃんたちも飛び入りで参加。
みんなノリがいいのも、このときの雰囲気がどの人も楽しそうだったから。
おじいちゃんとお兄ちゃんたちの飛び入り参加でボルテージは一気に高まりました。
d0097288_17124814.jpg
見てる人たちも手拍子して、観光客もなんだろうと、微笑ましそうに足を止めてみていたのが印象的でした。
楽しいひとときを終え、きっとこのあとの打ち上げも盛り上がったことでしょう!
明倫NEXT100のみなさんが今後どのような活動をされていくのか、楽しみです。
また機会をつくって訪れてみようと誓うのでした。
[PR]
by artsnpolink | 2010-11-14 17:20 | ●突撃!隣のアートNPO
ダンスボックス@長田
今日は、ダンスボックスをご訪問しました。
ダンスボックスのある長田は、関西では言わずと知れた「鉄人28号」がいる街です。
d0097288_022959.jpg
さらに、鉄人のみならず、三国志の面々もおられます。
d0097288_0223122.jpg
なんでかっていうと、漫画「三国志」と「鉄人28号」は同じ横山光輝の漫画だから。横山さんは、神戸出身です。
いまwikiで調べたら、バビル2世も横山さんだった!コメットさんも!魔法使いサリーも!ええ!?赤影までも!すごいー(注:僕は再放送世代です。念のため)

さて、本題。
d0097288_0281577.jpg
ダンスボックスさんのあるビルは、阪神淡路大震災後の復興とともにできた商業・住宅ビルの中にあります。僕が大学生になって震災後に長田を訪れたときは、多くの家が焼けて広場になっており、お店はプレハブで営業していました。商店街のアーケードは熱でぐにゃりと折れ曲がったままで、震災とその後の火災のすごさを物語っていました。
15年が経ち、いまはもうその面影はありませんが、長田のみなさんには生々しい記憶として残っているといいます。
d0097288_0323926.jpg
ダンスボックスの入口。商店街のビルの4Fにあります。
d0097288_0333289.jpg
フェスゲのときにもあったライブラリーコーナー。カフェも併設されています。
d0097288_0341552.jpg
ここはもともとライブハウスだったそうで、どんなに大きな音を出しても大丈夫!とのこと。劇場っていつ入ってもなにやらワクワクする感覚があります。非日常空間だからでしょうね、きっと。
d0097288_0351525.jpg
近くにある丸五市場。ここのコミュニティスペースでもときおりダンス等のイベントをプロデュースされています。
d0097288_0362993.jpg
長田には、アジア各国の人たちが住んでいます。この商店街には、僕の好きなビルマのカレー屋「TeTe」さんがあります。
d0097288_0365081.jpg
ビルマの料理ってあんまり想像つかないかもしれませんが、カレーはいくつかの種類があって、それ以外にもサモサとか、発酵したお茶っ葉のサラダとかがあります。これはレッドカレー。タイのレッドカレーとはやっぱり違うね。マイルドで優しい味なんだけどピリリと辛くって、おいしいのだこれが!みなさんには写真でお裾分け。機会があればビルマビールも飲んでみて!
d0097288_038449.jpg
丸五を一筋抜けるとまた別の商店街。ここのお肉のデーパート・マルヨネさんには「ぼっかけコロッケ」なるコロッケがあると聞き、買いにきました。その場で揚げてくれる熱々のコロッケ。すじ肉とコンニャクの煮込みをコロッケにしたコロッケ。それがぼっかけコロッケ(たぶん)。
d0097288_039192.jpg
これがまたね、おいしいの。どれくらいおいしいかと言うとね、商店街を大声出してのたうち回ったあげく、地団駄踏みながら見ず知らずの通行人にも「喰え」と勧めたくなるぐらいにおいしいんだから!!
1個食べ終わったら、12個買っておけばよかったと後悔すること請け合い。

d0097288_0402885.jpg
地下鉄に乗って次に向かったのはここ。三宮のフラワーロードの海側、大仰な建物の神戸税関の目の前にある、旧神戸市立生糸検査所。
d0097288_0413186.jpg
この日は、昨日まで居た鳥の劇場さんがいま開催している「鳥の演劇祭」に参加しているアンサンブル・ゾネさんのワークインプログレスがあるということで見学させていただきました。
d0097288_0422972.jpg


神戸の中でも長田はなんだか独特の雰囲気のある街。神戸にお寄りの際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-09 00:53 | ●突撃!隣のアートNPO
高知の蛸蔵、ART NPO TACO
d0097288_15275539.jpg
伊丹からビューンとプロペラ機でひとっ飛び、1時間弱で高知(龍馬)空港に到着。いま高知は、どこもかしこも龍馬龍馬龍馬龍馬。恐るべしNHK。
d0097288_15285760.jpg
十数年ぶりの高知。いまとなっては珍しくなった路面電車がいい味を醸し出していました。
d0097288_1531020.jpg
今回の高知への目的は、ここ、藁工倉庫を訪問すること。
d0097288_15313814.jpg
ここは藁を保存する倉庫として昭和初期に建てられました。藁の倉庫として使われなくなってからも、倉庫として活用していたそうですが、数年前に空き物件になったのを機に、ART NPO TACOの拠点とgraffitiというオシャレなカフェショップに生まれ変わりました。
d0097288_15324031.jpg

d0097288_15331287.jpg
店内は地元の作家さんグッズのほか、明和電機や奈良美智など著名アーティストのグッズ、書籍などが販売されていました。
とくにART NPO TACOさんの関連書籍は秀逸。高知遺産はおすすめ!
d0097288_15354050.jpg
今回訪れた時は、イチハラヒロコさんの展覧会に関するコーナーがありました。TACOさんとイチハラさんが一緒に出した書籍を展示販売しておられたり、「イチハラヒロコ恋みくじ」(100円)もありました。
もちろんこれはやってみるっきゃない!
d0097288_15372054.jpg
・・・ヤバイこれ(笑)。額装して末代まで語り継がんな!!!
d0097288_15374742.jpg
つぎにgraffitiの隣の蛸蔵を見学。ここでは映画上映や舞台、音楽ライブなどが開催されているそうです。やっぱり古い建物を使ったアートスペースはどこも同じ問題を抱えていますが、ここでも音漏れによるご近所さんからの苦情もたまにあるそう。悩ましい問題ですね。
d0097288_15392027.jpg
graffitiにはカフェも併設されているので、ぜひおいしいコーヒーを飲んでみてください。倉庫の土壁の優しい雰囲気につつまれたカフェギャラリー。高知に来たら足を運んでみては。
http://tacobooks.shop-pro.jp/
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-07 15:43 | ●突撃!隣のアートNPO
新生!CAP STUDIO
d0097288_15201483.jpg
CAP STUDIO Y3を訪問してきました。以前のCAP HOUSEを知っている方は、この外観にちょっと驚くかもしれませんね。最初、僕もここだっけかな?と思いました(笑)
d0097288_15213028.jpg
この建物はもともと海外移住、とくにブラジルに移民する人たちが船での生活に慣れるために滞在する施設だったそう。
d0097288_15221690.jpg
いまここは海外移住と文化を紹介する施設として、新たにスタートしました。
d0097288_1523960.jpg
館内には移住の歴史を紹介するミュージアムのほか、日系ブラジル人や在日外国人のための施設、そしてCAPさんが入居しています。
d0097288_15242714.jpg
この建物は、船の構造に似せて作られているため、天井が低く作られています。
d0097288_1525861.jpg
この日は、子どもたちの作品が展示されていました。
d0097288_15252947.jpg
開いていたスタジオがあったので、写真を撮らせてもらいました。中はこんな感じで、作品制作ができるようになっています。基本的にドアはオープンにして、どなたでも自由に制作風景を見学することができます。
d0097288_15444617.jpg
この日、残念ながらカフェはお休み。以前はワイルドな屋台風だったカフェも、新しくなって「カフェ」になってました。
CAPの詳しい活動は、こちらをご覧ください。
http://www.cap-kobe.com/
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-07 15:26 | ●突撃!隣のアートNPO
元明倫小学校とNEXT100さん
今冬、鳥取で全国アートNPOフォーラムin鳥取を開催するにあたり、鳥取県内の方にいろいろとお会いしています。
今回訪問したのは、中部にある赤瓦と白壁の昔ながらの町並みの倉吉市です。
こちらの明倫地区の活性化に取り組んでおられるNPOのNEXT100さんにお話しを伺いに来ました。
このインタビューは、今年度のデータバンクにも掲載する予定ですので、お楽しみに!

NEXT100の活動は、この明倫地区の活性化。ここで住み、働き、心豊かな生活を育む活動にチャレンジしておられます。年代も幅広い方が参加しておられるとのこと。
いまこのNEXT100さんが繰り広げられている活動が、アーティスト・イン・レジデンス。
まちづくりを目的とされる彼らが、ひょんなことから取り組んでおられるアーティスト・イン・レジデンス、これはぜひ見に行かねば!と、お盆の最中に突撃訪問してしまいました。

アーティスト・イン・レジデンスが繰り広げられているのは、ここ。
d0097288_15115490.jpg
d0097288_15121927.jpg
この建物、なんだか分かりますか?
じつはここは、かつての小学校なんです。
円形校舎と言われる小学校で、昔は全国にもいくつかあったそう。
不思議な校舎ですね。
昭和51年の夏まで使われていて、平成18年までは公民館として活用されていたということです。
d0097288_15135440.jpg
いったいどんな構造になってるの?と、興味津々に入ってみると、校舎の真ん中に螺旋階段が。それを囲むように教室が配置されています。
教室はというと・・・
d0097288_15145953.jpg
やっぱり扇形!
机も半円型に配置されていたそうで、なるほど、これ授業を受けやすい形かもしれませんね。
d0097288_15163192.jpg
最上階の天井はこんなでした。屋上からは倉吉の町並みが見えます。
いまこの元校舎の1室を間借りする形で、札幌から来たアーティスト、中村絵美さんが11月の発表に向けて作品制作されていました。AIRのディレクターは、S-AIRでも活躍する小田井真美さん。リンクもいろいろとお世話になっている方。

ブログ:よみがえる円形校舎、明倫AIR始まる。

d0097288_15191067.jpg
夏休みということもあって、子どもたちが遊びに来ることが多いそうです。楽しそうな雰囲気。
d0097288_1523468.jpg
ポストイットは町の聞き取り調査の印。ここに何があった、どうなっていたという過去のことから、お化けが出るといった噂話まで!
d0097288_15243310.jpg

校舎は取り壊しの可能性もあるそうですが、ほんとうに珍しい形だし象徴的な形の校舎なので、なにかこのままで活用が見つかるといいですね。みなさんも鳥取観光のついでに足を運んでみては?
[PR]
by artsnpolink | 2010-08-17 15:25 | ●突撃!隣のアートNPO
ノマド村
昨年、淡路島で開催したAAF学校in淡路島にケーススタディにしていた、廃校のアーティストinレジデンス活用が実現しました!
ノマド村

淡路島は、平成の大合併で淡路市、洲本市、南あわじ市の1島3市があります。その淡路市は一番神戸に近いこともあってか、人口減少に伴う小学校の統廃合により、たくさんの廃校がうまれています。
数が多いこともあり、壊すに壊せないという事情もあるようです。
そのうちのひとつ、山間部にある長沢地区の生穂第二小学校が廃校になったのに伴い、昨年のAAF学校in淡路島でここをどのように活用していくかを検討しました。
d0097288_1114194.jpg
ちょうど、映像作家の茂木綾子一家とピアニストの下村美佐さんが日本に戻るにあたり滞在できるスタジオを探しているということをP3芹沢さんから伺い、この小学校をご紹介したことにより、一気に活用展開が進展しました。
茂木さんとの出会いは、2004年までさかのぼります。
現在まいづるRBのディレクター・森真理子さんと、僕とで企画した向井山朋子さんのfor family(日本のどのお家にも眠っているピアノがありますが、それを向井山さんが家族のためだけに弾くというプログラム!)を、茂木さんに撮影していただいたのが最初の出会い。その映像は、向井山さんの演奏にドギモを抜かれた家族の素顔が映し出され、まったくカメラの存在を感じさせない素晴らしい映像でした。
さらに、下村さんは、僕が企画したアサヒビールロビーコンサート2003で、大山崎山荘美術館のテラスでコンサートをしていただいたことがあります。
今年舞鶴で森さんといっしょに向井山さんのコンサートを計画しているのですが、ここ淡路でもまたまた不思議な縁がつながっています。

雑誌コヨーテを購読されている方は茂木さんのコラムが連載されているので観ていらっしゃるかもしれません。
淡路島の有名左官職人さんのワークショップなどを通して、教室を大改装。
いまはものっすごい素敵なカフェが誕生しています。
d0097288_11114087.jpg
d0097288_11114884.jpg
d0097288_1112060.jpg
d0097288_11162193.jpg
内装は、茂木さんの旦那さんで、映像作家のヴェルナー・ ペンツェルさん。
d0097288_11292556.jpg
校舎の2階は、彼らの住まい。

この学校跡アーティストinレジデンス、毎週土日はカフェとして営業しており、たくさんのアート作品に囲まれながら、茂木さん手作りの欧州家庭料理が食べられます。
d0097288_11124235.jpg

小学校の周りは、どこを観てもこの絶景。
d0097288_1113675.jpg
グランドから見た景色。
d0097288_11131484.jpg
校門前の景色。
d0097288_11144214.jpg
裏山を降りたところの景色。のんびりとした時間が過ぎていきます。
d0097288_11154519.jpg
パスタランチの後のケーキセット。
淡路島の食材を使ったおいしい料理たち。
ひっきりなしにお客さんが訪れます。
雑誌でみて訪れる島外の方もさることながら、一番多いのは、地元長沢に住んでいる方々。おじいちゃんからおばぁちゃんまで、もちろん若い世代の住民も。おばさま方の同窓会もここで開かれたり。
毎週土日に訪れるというおじいちゃんは、今日も座っておられました。

初めて地元の方向けに説明会を開いたときには、「自分たちに何のメリットがあるんだ」と地元の人に言われたそうですが、そこは淡路島アートセンターのやまぐちさんが「1家族増えます!」と答えたんだとか。以前アート村構想がこの地域にあり期待したわりに、地元との接点がなかったことへの失望が感じられます。
アートという名で地域に入り込むことの意味を問われますね。
アートで地域活性なんてのはしょせん結果論。それを全面に出すのはやはり気になりますし、ぶっちゃけ欺瞞に満ちます。
家族が増えるんだということは、自治会費も増えるし、子どもたちもこの地で住むということ。それが一番確実な説明かもしれませんね。
いまでは畑の食材もたくさんもらって、それを料理でお返しする関係に。ノマド村のカフェでゆるやかな時間を楽しみに来る、都会からの家族との交流。そんなひょんなことから始まるちょっとした出来事がうまれました。
アートイベントも不定期で開催されているそうで、これからの展開が楽しみですね。

ちなみに、この日は、あのリゾレッタの井壷シェフによる、ネギづくしな夜が!!!
詳細は、ノマド村のブログをご覧ください。
ノマド村ブログ

それにしても、お茶目な二人。
d0097288_11341960.jpg
井壷さんと、ヴェルナーさん。
料理は!
d0097288_11345534.jpg

やっぱり絶品!
d0097288_1135338.jpg
しかも!
d0097288_11354921.jpg
全部ネギ料理!
d0097288_11361116.jpg
びっくりだ!
d0097288_11355730.jpg
ごちそうさま!
d0097288_1136295.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-05-31 11:31 | ●突撃!隣のアートNPO
訪問、にしすがも創造舎
にしすがも創造舎を訪問しました。
何度か訪れているのですが、ブログに紹介するのは初めてかも。
とげ抜き地蔵で有名な巣鴨から、三田線でひと駅。
地下鉄から地上に出るとすぐにかつての学校を創造拠点にしているにしすがも創造舎が見えます。
d0097288_1718271.jpg
大きく手を加えているわけではないので、かつての学校のまんまの佇まい。
d0097288_17183592.jpg
1階にオープンしたカモカフェ。かわいい。中は手作り感のある、心地よい空間でした。京都の鴨川沿いの路地にありそうなカフェかも。
d0097288_17193581.jpg

d0097288_17194194.jpg
カレー。ダブルのトッピングでお願いします。おいしーカレーおいしー!!!
d0097288_17184136.jpg
昔の中学校。
d0097288_17185249.jpg
にしすがも創造舎は、ダンスや演劇などアーティストの稽古場として空き教室や音楽室を提供されています。体育館はおおきなシアターでもあり、演劇公演やリハーサルの会場としても使われています。
d0097288_1719223.jpg
ここには、NPO法人芸術家と子どもたちさんも入居。
d0097288_17191077.jpg
管理をしているのは、NPO法人アートネットワーク・ジャパンさん。
d0097288_17191898.jpg
d0097288_17192683.jpg
2Fのカフェコーナーには、たくさんの公演チラシをゲットできます。のんびりくつろぐこともできます。
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-21 17:32 | ●突撃!隣のアートNPO
訪問、三国湊魅力づくりPJ
福井県は東尋坊で有名な三国を訪れました。
かつて、北前船の拠点として栄え、越前ガニなんかも有名なまち。
d0097288_021499.jpg
d0097288_0212346.jpg
三国のまちには、たくさんの歴史的な建造物があります。昔ながらの街の風情を感じます。
d0097288_021468.jpg
d0097288_022337.jpg
北前船が寄港していた当時は、相当豊かだったことが忍ばれます。森田家という豪商がはじめた銀行。内部のしつらえもすごい!
ほかにも、古く立派な民家もたくさん残っています。
まちを紹介してくれるボランティアガイドさんたちもおられ、まちの魅力が堪能できます。
d0097288_0231990.jpg
今回の一番の目的はこちら。三国湊座。ここはNPO法人三国湊魅力づくりPJさんの拠点のひとつ。劇場でもあり、レストラン(カフェ)でもある三国湊座。
d0097288_0242030.jpg
レンタサイクルがあれば、町内のまち歩きならぬ、まちチャリで楽々回れます。
d0097288_0235758.jpg
メニューは、独自に開発したご当時バーガー、三国バーガーを筆頭に、カレーライスが各種、ラーメンまでも。豊富なメニュー。
あ!!!バーガーの写真とるの忘れた!
d0097288_024467.jpg
なんとこの日は連休中日ということもあって、バーガーが30分待ちという状態。30分待って、ようやく食べれました。
激ウマです!
バーガーですが、決してファストフードではありません。
福井県産にこだわった、ほんとうにおいしいバーガー。
ぜひお試し有れ。
d0097288_025245.jpg
さらにさらに、今回のもうひとつの目的。
d0097288_025235.jpg
ジャジャーン!
ジェラートです!
町内の牧場の方と一緒に開発したジェラート。
なんと、実際にイタリアまで足を運び、100件ものジェラート屋(そんなにあるのがすごいが…)をめぐり、開発したというシロモノ。
僕がオーダーしたのは、地元で収穫されたトマトといちじく。一口おまけにブルーベリー。
あああああ、うまいいいいいい。
これを食べに行くために、東尋坊をついでに回るのも、ありかも(笑)
もうお気づきですね。
まさに名前の通り、三国の魅力を新しくつくり、ショップ展開や商品開発もして、お金を産み出しながらプロジェクトをやっています。
最近は、さらに劇場での演劇やまちなかのアート展(今回は終わっていて見れませんでしたが)などへと広がりつつあります。
くわしくは!

10月18日(日)、全国アートNPOフォーラムin舞鶴のプレフォーラムがまいづる智恵蔵で開催されます。
そこに、NPO法人三国湊魅力づくりPJから、吉村さんにいらしていただき、この活動紹介をしていただきます。
ぜひ、いらしてくださいね!(そんなオチ…)
[PR]
by artsnpolink | 2009-09-22 22:16 | ●突撃!隣のアートNPO
訪問、スタジオ解放区
10ヶ月ぶりの再訪となったコザのまち(沖縄県中部)。
普通に「おかえりー」と声をかけてくれるまち。

ここコザには、沖縄本島の大動脈でもあるコザ十字路があります。
その十字路に寄り添うのが、スタジオ解放区のホームグラウンドである、銀天街。

d0097288_1254181.jpg
銀天街はいま、旧盆のこの時期にあわせて、コザクロッシングというアートフェスティバルが開催されています。
d0097288_1254955.jpg
昨年、wanakioのときに空き店舗がギャラリー風になりました。そこを使ってインスタレーションが。緑色の、紙飛行機?にょきにょき、生えている感じ。アメリカ軍の戦闘機かな?
d0097288_126617.jpg
銀天大学
d0097288_126154.jpg
d0097288_1263933.jpg
d0097288_1265243.jpg
通称カネボウひろば
d0097288_127724.jpg
ここでは、アニメーションが流れていました。
d0097288_1272165.jpg
なつかしい、銀天タワーののれん。昨年のフォーラムが除幕式でした。
d0097288_1272919.jpg
ここは新しい会場だなー。
d0097288_1273872.jpg
バケツから、、、
d0097288_1274548.jpg
稲が!だからカカシがいるんだね。
d0097288_1275320.jpg
アーティストの作品を買う、と。
d0097288_128215.jpg
台湾のおそばがついてきたよ。
d0097288_1281332.jpg
スタジオ解放区のメンバーがなにやら創ってます。なんとこれは…(内緒)
d0097288_128257.jpg
あ!あれは!! そう、あの電灯は、今年なくなったアーケードから垂れ下がっていた、銀天街の電灯です。こうして見ると、あったものがなくなったんだと改めて感じます。
d0097288_1283693.jpg
d0097288_1284672.jpg
d0097288_1292121.jpg
9月1〜3日は、沖縄のお盆。
旧暦。エイサーのみちじゅね(街角を練り歩くこと)がそこここで見られます。
コザはエイサーまつりがある町。しかも、安慶田の十字路は、町内の各青年会のエイサーが最後に集結するところ。各町内会の目もあって、みんな気合いが相当高い!!
それぞれに踊りも違って楽しい。
[PR]
by artsnpolink | 2009-09-04 01:38 | ●突撃!隣のアートNPO
トップ
NPO法人アートNPOリンク http://arts-npo.org  このブログは、NPO法人アートNPOリンク事務局が運営しています。全国アートNPOフォーラムやアートNPOリンク事業へのご意見、ご提案をお願いします。
by artsnpolink
ブログパーツ
最新のトラックバック
さむーいとっとり
from AAC便り
ブログ
from よみがえる円形校舎、明倫AI..
芸術家が島の暮らしPR
from ローカルニュースの旅
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
手段なのか、目的なのか。
from donner le mot
町を捉えなおす力-別府鉄..
from donner le mot
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
アートNPOリンクがブロ..
from MCP_BLOG
関西汽船
from フェリー&港 ガイド
今回のアートNPOフォー..
from FPAP高崎の「さくてきブロ..
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧