エキサイトブックス
カテゴリ
全体
今年の全国アートNPOフォーラム
●アートNPO★NEWS
●事務局からのお知らせ
●次回*アートNPOフォーラム
●学校・講座
●事務局つれづれニッキ
●突撃!隣のアートNPO
●Beautiful Experienc
以前の記事
<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
鳥取の魅力。因幡の白兎。
昔話で必ず出て来る「因幡の白兎」。昔話というか、伝説というのかな?
覚えていますか?忘れた方は、ウィキを調べましょう(笑)
鳥取市には、その伝説となった白兎神を祀るお社があります。
d0097288_19583952.jpg
「白兎神社」。しろうさぎじんじゃ、ではなく、はくとじんじゃ、と読むそう。へー…(無教養)
参道にはウサギの石彫がいっぱい。アリスな気分?で連れてかれる感じ。ちょっと恐い。。。
d0097288_19594924.jpg
さぞかし巨大で立派な祭壇だろうと思いきや、じつはちっちゃいちっちゃい神社。
それでも調べる人にとっては深い謎がありそうで、なんとなんと本殿の土台に28弁の菊の紋章が彫刻された「菊座石」なる石が使われていました。
d0097288_202632.jpg
d0097288_2021670.jpg
そして社の前には、白兎の伝説で、傷だらけになったウサギが体を洗った池がありました。
d0097288_2055110.jpg

この神社、ちっちゃいけれど、見逃してはならないのが、国道を挟んで海側にある「淤岐島」。(えっと、なんて読むのかはわかりませーん)
こっちが本殿なんじゃないのかな?と思うくらい、びっくりする風景です。
d0097288_2033875.jpg
よく島の上を見てください。
d0097288_204273.jpg
鳥居があるのが分かりますか?
そして、島は真っ黒くざらざらした鮫肌のような岩が海面すれすれに陸地まで続いているのも分かると思います。
その岩はまるで伝説の「海の和邇」を彷彿とさせてくれました。
ついつい拝んでしまう風景でした。
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-31 19:55 | ●次回*アートNPOフォーラム
鳥取の魅力。日本最大の・・・
鳥取市内から鳥の劇場のある鹿野町に向かうときに出くわす巨大な池があります。
池と湖の違いは無教養な僕には分からないのですが、池と言われると「え?」って聞き返したくなるくらい巨大な池。
d0097288_19524159.jpg
その名も「湖山池」。ほほう。
d0097288_1949287.jpg
d0097288_19491727.jpg
汽水湖で、漁もされているそうです。県の無形文化財に指定されている漁の方法で、「石がま漁」と呼ばれる漁だそう。冬に行われるとのこと。
石がま漁(wikipedia)
ほんと、ウィキってなんでもありますね・・・。珍しい漁だそうですよ。
d0097288_19522820.jpg
池には、青島というおっきな島があります。橋がかけられていて、渡ることもできます。
d0097288_19532374.jpg
キャンプもできるそうで、桜の季節はキレイっぽい。
ちょっとした散策にぜひ。
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-30 19:46 | ●次回*アートNPOフォーラム
鳥取の魅力。やっぱ砂丘っしょ!
舞鶴の魅力。シリーズでは、相当レアなスポットを紹介してきましたが、鳥取の魅力。シリーズでは、ちゃんと有名どころも押さえます(笑)
鳥取と言って県外の人がまず思い浮かべるのは、やっぱりここ!
ここに行っとかんと始まらへん、ということで行って参りました。
d0097288_19392591.jpg
ここで「月の〜砂漠を〜はる〜ばると〜♪」と歌うか、「あぁ〜あなたのそばで〜暮らせるならば〜辛くはないわ〜この東京砂漠♪」と歌うかで、バレる年齢はあんまり変わんないな。
d0097288_19404588.jpg
パウダー砂。砂丘では足を取られて歩くのはほんとうにたいへん!丘の上に登るまでに、誰も彼もがハァハァと肩で息をしています。若者達はかけっこしていますが、やっぱり彼らも丘の途中で断念してました。
d0097288_19421346.jpg
丘の上から見る海。残念ながら曇りで肌寒い日でしたが絶景です。
d0097288_19425310.jpg
砂漠のオアシスってこういうところなんだろうな、と誰もが思うはず。
学生や地元の方々による除草ボランティアをはじめとして保存活動のおかげで、美しい砂丘が保たれているそうです。
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-29 19:32 | ●次回*アートNPOフォーラム
訂正と報告
先日、公開会議を開催しました。
告知の不備もあり、あまり多くの方にお越し頂けなく申し訳ありません。
後日改めて報告いたします。
また、この会議の場におきまして、先日2月16日に開催しました勉強会においてとりまとめたシートのうち、「アートNPOセクターの声を代弁し」という部分が、誤解を与えることで訂正することになりました。
アートNPOリンクは、これまでに全国各地で地域のNPO方々が主体となり、リンクがフォローしていく形の地域に密着したフォーラムを開催してきました。また12月23日の緊急フォーラムなど公共の議論の場づくりを進め、議論を継続してきておりますが、議論の場だけでは、必ずしもすべてのNPOの声を聞けるわけではないこと、開催外の地域や現場へのフィードバックが必ずしもうまくできていないこと、アートNPOの文脈にのらないアート団体の声を拾えていないことなどの指摘を受け、「代弁する」「まとめる」といった表現は使わない、またはより妥当な表現を検討するということになりました。

アートNPOリンク事務局
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-23 15:42 | ●事務局からのお知らせ
訪問、にしすがも創造舎
にしすがも創造舎を訪問しました。
何度か訪れているのですが、ブログに紹介するのは初めてかも。
とげ抜き地蔵で有名な巣鴨から、三田線でひと駅。
地下鉄から地上に出るとすぐにかつての学校を創造拠点にしているにしすがも創造舎が見えます。
d0097288_1718271.jpg
大きく手を加えているわけではないので、かつての学校のまんまの佇まい。
d0097288_17183592.jpg
1階にオープンしたカモカフェ。かわいい。中は手作り感のある、心地よい空間でした。京都の鴨川沿いの路地にありそうなカフェかも。
d0097288_17193581.jpg

d0097288_17194194.jpg
カレー。ダブルのトッピングでお願いします。おいしーカレーおいしー!!!
d0097288_17184136.jpg
昔の中学校。
d0097288_17185249.jpg
にしすがも創造舎は、ダンスや演劇などアーティストの稽古場として空き教室や音楽室を提供されています。体育館はおおきなシアターでもあり、演劇公演やリハーサルの会場としても使われています。
d0097288_1719223.jpg
ここには、NPO法人芸術家と子どもたちさんも入居。
d0097288_17191077.jpg
管理をしているのは、NPO法人アートネットワーク・ジャパンさん。
d0097288_17191898.jpg
d0097288_17192683.jpg
2Fのカフェコーナーには、たくさんの公演チラシをゲットできます。のんびりくつろぐこともできます。
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-21 17:32 | ●突撃!隣のアートNPO
文化政策のアジェンダ提案に関する公開会議
d0097288_1616910.gif
昨年アートNPOリンクは、全国アートNPOフォーラム in 舞鶴において、市民による公共文化政策を実現するために「政策提言部会」を発足しました。また、行政刷新会議による「事業仕分け」に関して文部科学省が行ったパブリックコメントにて意見提案を行い、12月23日には横浜にて「現場から、日本の芸術文化政策を考える〜アートNPO・緊急フォーラム」を開催するなど、市民の目線による政策提案や公開の議論を積み重ねてきました。
12月23日の緊急フォーラムでは、事業仕分けに対する関心の高さから、アートNPOに留まらず、芸術文化に携わるさまざまなセクターの方に参加いただくことができました。芸術文化のエヴィデンス(証拠や証言)に基づいた検証と報告、それらを広く社会的な合意形成につなげていくことの重要性について共通認識を持つことができました。また、文化政策に関して幅広く意見を募ることができた一方で、われわれアートNPOのネットワークは、芸術文化に携わるすべてのセクターの意見をとりまとめることは困難であることも確認しました。
こうした議論を受けて、1月から2月にかけて、ブリティッシュ・カウンシルの協力のもと、英国の文化政策の専門家等を交えた情報交換や、理事会での長時間におよぶ議論を経て、アートNPOセクターに関する政策提言に向けた活動を進めていくことを合意しました。
さらに、1月9日に東京芸術センター天空劇場にて開催された第3回文化政策学会のラウンドテーブルに登壇された鈴木寛文部科学省副大臣の「平成23年度に向けたアジェンダの提案を今年度中に出してほしい」という発言を受けて、アートNPOセクターから、現場の声を届けるべく準備を進めています。
つきましては、来る3月20日(土)、にしすがも創造舎(東京都豊島区)において、アートNPOリンクの今年度の活動報告と次々年度の文化政策に対するアートNPOセクターからのアジェンダの提案に向けた意見交換会を開催します。
アートNPOのみなさまの、ご参加をお待ちしております。

日  時:2010年3月20日(土) 14:00〜17:30
会  場:にしすがも創造舎・音楽室(別棟2階)
アクセス:http://sozosha.anj.or.jp/map/
対  象:NPO・市民活動団体・任意団体等
定  員:50名(定員になり次第締切/事前申込み)
参加費 :無料
申込方法:メールに以下を記載の上お申し込みください。
     1)お名前、2)所属NPO・団体名、3)メールアドレス、4)電話番号
受付締切:3月18日締切
申込み先:アートNPOリンク事務局
     E-mail forum09@arts-npo.org
主  催:NPO法人アートNPOリンク
協  力:にしすがも創造舎
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-16 16:15 | ●事務局からのお知らせ
混浴温泉世界の冊子が完成!
NPO法人BEPPU PROJECTのみなさんからお知らせが届きました。
昨年別府市内各所で開催された別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」の報告書が冊子になって登場しました。
大手書店でも取り扱っておられますので、お近くの書店でお買い求めいただけるそう!
もちろん、BEPPU PROJECTでも取り扱っていらっしゃいますので、ぜひどうぞー。

http://www.mixedbathingworld.com/news/archives/item_540.html
d0097288_1932155.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-03-11 19:32 | ●事務局からのお知らせ
英国ツアー報告書
1月15日に、当ブログでも紹介していました、英国スタディツアー「Arts for Community Development & Regeneration」(ブリティッシュ・カウンシル主催)の報告書をダウンロードできるようにいたしました。
ご興味のある方は、こちらからダウンロードしてください。
d0097288_19272257.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-03-11 19:27 | ●事務局からのお知らせ
アジア・アートマネジメント会議@大阪市立大学
今年も、アジアアートマネジメント会議が大阪市立大学で開催されました。
昨年、同会議で日本のアートNPOセクターの状況について報告をさせていただきましたが、今年は聴講させていただくことができました。
この会議は、大阪市立大学の都市研究プラザが開催されています。
授業の一環なのか、会場の広さの都合なのか、オープンに告知をしていない会議のようですが、僕はこの会議をたいへん楽しみにしているので、ぜひもっと広く告知をされたらいいのになぁと思っています。

昨年は、フィリピンのNeo-Angono Artists Collective、マレーシアのFive Art Center、カンボジアのAMRITAからアートマネジャーが
来阪。
今年は、我々が運営しているアサヒ・アートスクエアでも公演いただいた、インドネシア・バリはCUDAMANIのディレクター、軍事政権下でアート活動にも検閲が入る状況にあるというビルマ(ミャンマー)から
NEW ZERO ARTSPACEのディレクター、そしてGDPに変わる新しい指標として『国民総幸福量(GNH)』を唱えているブータンから、ブータンのJajin Consultancy Servicesのコンサルタントが来阪されました。
日本からは、フォーラムでお世話になった前島アートセンターの事務局長宮原君、リンクの会員でもある大阪アーツアポリアの代表の中西さん、そして築港ARCのアサダくんとトヨタ・子どもとアーティストの出会いにも参加いただいた蛇谷さんがスピーカーとして参加されました。
もう、このラインナップだけで相当ウキウキワクワクですが、前回同様今回も実際にお話しを伺うと、もう本当に多種多様すぎて、状況が違いすぎて、構造が違いすぎて、どう思考を整理していいかまったく分からなくなり、思考をグルングルン揺さぶってくれました。
そのあとはもちろん終電間際まで飲んで、いろいろお話しを伺うことができました。結局日本って、飲んでた方が交流できるんですね・・・良くも悪くも(笑)。
d0097288_2128304.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-03-06 21:28 | ●事務局つれづれニッキ
児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業
【緊急報告】
芸術表現を通じたコミュニケーション教育の推進
児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/commu/1289958.htm

3月5日締切の文科省・コミュニケーション教育事業について、芸術文化と教育をつなぐコーディネーター全国会議にお伺いし、文科省の方に伺いました。
当会議の様子は、アートNPOリンクが事務局を協働しているトヨタ・子どもとアーティストの出会いにも報告しておりますので、そちらをご覧ください。http://artists-children.net/blog/2010/03/post-19.html
この度の制度は締切があまりにも直近なので延長が可能かどうか、二次募集かどうかについても伺いましたところ、下記の返答でした。

「(教育委員会としても)はじめての事業なので提出期限までに書類を準備できないということが想定される。
(申請自体は)教育委員会を通じてになるが、締切をすぎる場合はあらかじめ連絡をしてもらいたい。
3月の12日程度までは締切を延ばしたいと考えている。
ただ、すでに4月から実施予定のところもあり、決定の手続き上の問題もあり、今回についてはそれ以上はのばせない。
予算規模が2億円程度。150校くらいが積算の範囲。
事業を決定した際に、2億円にあまりがあるということであれば、追加募集を検討している。」




《課題》
・間接経費が認められていない
 →学校に赴いた日当は支払うことができるので、そこで対処してもらうしかない

・教育委員会が県内で申請をとりまとめ、教育委員会の裁量で優先順位を決めて申請するという仕組み。学校側の希望が第一優先だが、NPOが書類を作成することは可能。
・実施スケジュールは学校の計画にあわせて実施可能。丸一日でもいいし、9月~11月までに5回実施など年間のある特定の期間に実施することも可能。
・劇場やNPOに所属するアーティストという条件だが、「所属」は幅広く捉えてもらって大丈夫。窓口として劇場やNPOがいれば、所属していない個人のアーティストでも可能。
・コミュニケーション能力向上を目的としている制度であり、その目的が達成できるのであれば実質、舞台芸術に限らず、アートのジャンルは問わない。
・経費は、機材費や諸雑費など40万円上限だが、謝金については別途計上可能
 (なお講師謝金、交通費など詳細は細かい規程がある。講師は35,000円/日。実技指導の場合は最大30名まで謝金負担・全体の申請状況と全体予算を鑑み要調整)
・補助金の支払は文化庁が選定した業者から実施主体となる劇場、アーティスト個人やNPO、物品・サービスを提供した業者に支払うことが可能なため学校が負担する経費は必要ない。
・終了報告書は学校の負担とならないよう簡素なフォーマットを用意している。



《芸術家派遣事業(文化庁)とコミュニケーション教育事業(文科省)の主な相違点》
■主たる目的
派遣事業=子どもたちの芸術を愛する心や豊かな情操を養うとともに、優れた才能の芽を育て、将来の観客層の育成を図ること
コミュニケーション教育=子どもたちの芸術を愛する心を育て,豊かな情操を養うとともに,コミュニケーション能力の育成を図る事業

■講師派遣回数
派遣=3回以内(原則) …短期の鑑賞会など向け
コミュニケーション=3~12回(原則) …連続開催、長期開催が可能

■実施方法
派遣=講話、実技披露、実技指導
コミュニケーション=指導計画に位置づけ、計画的・継続的に実技指導を中心としつつ講話、実技披露を実施(子ども達が主体的に参加し、講師と教師の連携による指導)

■派遣講師等の人数
派遣=1回あたり、講師1~2人 補助員5人を上限
コミュニケーション=1回あたり、講師5人、補助員25人を上限

■申請時の取りまとめ
派遣=都道府県、政令指定都市
コミュニケーション=都道府県、政令指定都市教育委員会(私学は都道府県、国立は国立大学法人)

■申請主体
派遣=各開催校
コミュニケーション=開催校または学校の設置者

■派遣講師
派遣=個人の芸術家や小規模な芸術家グループ
コミュニケーション=NPO法人や公立・民間の劇場等に所属する芸術家や劇団員等

■申請書の提出締切
コミュニケーション=平成22年3月5日(金) ※申請を予定している場合は、締め切りを延長することも可能
[PR]
by artsnpolink | 2010-03-03 00:00 | ●事務局からのお知らせ
トップ
NPO法人アートNPOリンク http://arts-npo.org  このブログは、NPO法人アートNPOリンク事務局が運営しています。全国アートNPOフォーラムやアートNPOリンク事業へのご意見、ご提案をお願いします。
by artsnpolink
ブログパーツ
最新のトラックバック
さむーいとっとり
from AAC便り
ブログ
from よみがえる円形校舎、明倫AI..
芸術家が島の暮らしPR
from ローカルニュースの旅
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
手段なのか、目的なのか。
from donner le mot
町を捉えなおす力-別府鉄..
from donner le mot
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
アートNPOリンクがブロ..
from MCP_BLOG
関西汽船
from フェリー&港 ガイド
今回のアートNPOフォー..
from FPAP高崎の「さくてきブロ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧