エキサイトブックス
カテゴリ
全体
今年の全国アートNPOフォーラム
●アートNPO★NEWS
●事務局からのお知らせ
●次回*アートNPOフォーラム
●学校・講座
●事務局つれづれニッキ
●突撃!隣のアートNPO
●Beautiful Experienc
以前の記事
<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ノマド村
昨年、淡路島で開催したAAF学校in淡路島にケーススタディにしていた、廃校のアーティストinレジデンス活用が実現しました!
ノマド村

淡路島は、平成の大合併で淡路市、洲本市、南あわじ市の1島3市があります。その淡路市は一番神戸に近いこともあってか、人口減少に伴う小学校の統廃合により、たくさんの廃校がうまれています。
数が多いこともあり、壊すに壊せないという事情もあるようです。
そのうちのひとつ、山間部にある長沢地区の生穂第二小学校が廃校になったのに伴い、昨年のAAF学校in淡路島でここをどのように活用していくかを検討しました。
d0097288_1114194.jpg
ちょうど、映像作家の茂木綾子一家とピアニストの下村美佐さんが日本に戻るにあたり滞在できるスタジオを探しているということをP3芹沢さんから伺い、この小学校をご紹介したことにより、一気に活用展開が進展しました。
茂木さんとの出会いは、2004年までさかのぼります。
現在まいづるRBのディレクター・森真理子さんと、僕とで企画した向井山朋子さんのfor family(日本のどのお家にも眠っているピアノがありますが、それを向井山さんが家族のためだけに弾くというプログラム!)を、茂木さんに撮影していただいたのが最初の出会い。その映像は、向井山さんの演奏にドギモを抜かれた家族の素顔が映し出され、まったくカメラの存在を感じさせない素晴らしい映像でした。
さらに、下村さんは、僕が企画したアサヒビールロビーコンサート2003で、大山崎山荘美術館のテラスでコンサートをしていただいたことがあります。
今年舞鶴で森さんといっしょに向井山さんのコンサートを計画しているのですが、ここ淡路でもまたまた不思議な縁がつながっています。

雑誌コヨーテを購読されている方は茂木さんのコラムが連載されているので観ていらっしゃるかもしれません。
淡路島の有名左官職人さんのワークショップなどを通して、教室を大改装。
いまはものっすごい素敵なカフェが誕生しています。
d0097288_11114087.jpg
d0097288_11114884.jpg
d0097288_1112060.jpg
d0097288_11162193.jpg
内装は、茂木さんの旦那さんで、映像作家のヴェルナー・ ペンツェルさん。
d0097288_11292556.jpg
校舎の2階は、彼らの住まい。

この学校跡アーティストinレジデンス、毎週土日はカフェとして営業しており、たくさんのアート作品に囲まれながら、茂木さん手作りの欧州家庭料理が食べられます。
d0097288_11124235.jpg

小学校の周りは、どこを観てもこの絶景。
d0097288_1113675.jpg
グランドから見た景色。
d0097288_11131484.jpg
校門前の景色。
d0097288_11144214.jpg
裏山を降りたところの景色。のんびりとした時間が過ぎていきます。
d0097288_11154519.jpg
パスタランチの後のケーキセット。
淡路島の食材を使ったおいしい料理たち。
ひっきりなしにお客さんが訪れます。
雑誌でみて訪れる島外の方もさることながら、一番多いのは、地元長沢に住んでいる方々。おじいちゃんからおばぁちゃんまで、もちろん若い世代の住民も。おばさま方の同窓会もここで開かれたり。
毎週土日に訪れるというおじいちゃんは、今日も座っておられました。

初めて地元の方向けに説明会を開いたときには、「自分たちに何のメリットがあるんだ」と地元の人に言われたそうですが、そこは淡路島アートセンターのやまぐちさんが「1家族増えます!」と答えたんだとか。以前アート村構想がこの地域にあり期待したわりに、地元との接点がなかったことへの失望が感じられます。
アートという名で地域に入り込むことの意味を問われますね。
アートで地域活性なんてのはしょせん結果論。それを全面に出すのはやはり気になりますし、ぶっちゃけ欺瞞に満ちます。
家族が増えるんだということは、自治会費も増えるし、子どもたちもこの地で住むということ。それが一番確実な説明かもしれませんね。
いまでは畑の食材もたくさんもらって、それを料理でお返しする関係に。ノマド村のカフェでゆるやかな時間を楽しみに来る、都会からの家族との交流。そんなひょんなことから始まるちょっとした出来事がうまれました。
アートイベントも不定期で開催されているそうで、これからの展開が楽しみですね。

ちなみに、この日は、あのリゾレッタの井壷シェフによる、ネギづくしな夜が!!!
詳細は、ノマド村のブログをご覧ください。
ノマド村ブログ

それにしても、お茶目な二人。
d0097288_11341960.jpg
井壷さんと、ヴェルナーさん。
料理は!
d0097288_11345534.jpg

やっぱり絶品!
d0097288_1135338.jpg
しかも!
d0097288_11354921.jpg
全部ネギ料理!
d0097288_11361116.jpg
びっくりだ!
d0097288_11355730.jpg
ごちそうさま!
d0097288_1136295.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-05-31 11:31 | ●突撃!隣のアートNPO
ワールドカフェ
最近淡路島にはじめて出来た大学、看護医療大学の研究室に淡路島アートセンターの事務所が誕生。
今日は、その関連の淡路島ワールドカフェ実行委員会によるワークショップ「淡路島を10倍楽しむ方法」を見学。
ワールドカフェってなに?という方はこちらのリンクをご覧ください。

今回のワールドカフェは、淡路島アートセンターのメンバーで東京在住、日の出亭のお風呂作品の作者であるTOMIが、ワールドカフェを東京でやってる方々と出会ったことがきっかけで開催されることになったそう。
淡路島を10倍楽しむのにどんなプロジェクトが始まるのか!?
乞うご期待。
詳細は、8月の淡路島アートフェスティバルで。
d0097288_716499.jpg
d0097288_7454635.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-05-31 07:45 | ●事務局つれづれニッキ
深川、音集め
全国アートNPOフォーラムを開催してきた地域は、これまで継続して関わっています。
昨年開催した舞鶴も、今年も継続で協力。
今年度は、3本の事業を開催予定です。
参照:まいづるRB

今年度の舞鶴プログラムのひとつ、BABY(
向井山朋子佐内正史)のコンサート&写真インスタレーション『なつまち』は、東京・江東区にある門仲天井ホールと共同で開催します。

この「なつまち」では、記憶にある音と、記憶のものの写真をワークショップで集め、コンサートに折り込みます。
ってことで、今日は門天のある深川で音採集!!!
うまくとれたかなぁ。
僕の一番のお気に入りの音は、たこやき屋さんがカチャカチャと二本の針をつかってたこ焼きをつくる音でした。
d0097288_1729124.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-05-29 17:29 | ●事務局つれづれニッキ
昨日今日と鳥取市内で祭がありました。
なんという祭だったか失念したので祭の名前を調べようと市役所のHPを見ても載ってなかった・・・
伝統的なお祭りじゃないのかもしれませんね。
山車が赤信号で止まっていたりしたし(笑)。
d0097288_15564815.jpg
d0097288_1557731.jpg
d0097288_1558214.jpg
d0097288_15581946.jpg
今日の鳥取は快晴でした。
[PR]
by artsnpolink | 2010-05-16 15:59 | ●事務局つれづれニッキ
鹿野町の閉校訪問
今日は朝から鳥の劇場さんのある鹿野町を訪問。
今日の目的は、鳥の劇場さん、ではなく、尾道大学の小野先生方ご一行がこの夏にアーティストインレジデンスを鹿野町内の空家でされるにあたり、いんしゅう鹿野まちづくり協議会の副理事長・小林さんが、アトリエとして使用できそうな空家や空き校舎を案内し、夏に向けて検討されるということで同行させていただきました。

鳥取駅から鹿野までは、路線バスが出ています。
自家用車では約20-30分のところ、路線バスではぐるっとめぐって1時間10分程度。
路線バスの旅は結構好きなので、風景に見とれているあいだにあっという間についてしまいました。紀州ではもう少し早い時期に田植えを終えていましたが、こちらではこの週末が田植えシーズンの模様。そこここで田植えがされていたのが目につきました。
d0097288_2341611.jpg
今日、一番最初にお出迎えしてくれたのは、鯉さん。城下町鹿野は、いまでもその面影があります。この鯉さんたちがお住まいになっているのは、「伊木の堤」と呼ばれ、鹿野城外堀から流れる水をこの堤にため、水田への安定した水供給や干ばつの備えとして利用されていたものです。現在もここを通って田畑に水がひかれています。
d0097288_23445998.jpg
向こう正面に見えるのは、鳥の劇場。美しい堤なんですが、右側河岸がなんとも無粋な現代風の施工。風情を台無しにしてしまっているのが残念。近い将来、昔の工法で再整備されることを願います。
d0097288_23481995.jpg
みなさんに夢こみちで合流させていただき、最初に向かった先は勝谷小学校。10年ほど前に閉校になった学校だそう。
d0097288_23492483.jpg
校舎の中には、学校当時の面影が見られます。
d0097288_23493979.jpg
d0097288_235010100.jpg
d0097288_23502525.jpg
d0097288_23513777.jpg
コンクリートのプール。なんとも良い風情があります。
次に向かったのは、鳥の劇場さんも入っておられる旧鹿野小学校。
d0097288_23521193.jpg
鳥の劇場さんは、小学校に併設されていた幼稚園跡と体育館跡を使用してるので、僕は校舎の方には入ったことがありませんでした。
d0097288_23531565.jpg
こちらもいろいろと学校時代の思い出が詰まっています。
d0097288_23533691.jpg
d0097288_23534556.jpg
d0097288_23535348.jpg
小学校は地域の核であり、子どもは地域の宝です。その小学校が閉校になることは、地域にとっても大きな出来事。いま地方では閉校のがどんどん増え、取り壊すこともできず利用に頭を悩ませています。そんな中、鳥の劇場さんのみならず、にしすがも創造舎ノマド村京都芸術センター、AかれいざわアートICHIBなど、閉校を活用したアート拠点が各地に形成されつつあります。
閉校のみならず、商店街の空き店舗の活用や古民家のアート拠点への転用なども増えてきました。
今後はこのような地域の創造拠点形成に関する活動にも注目していきたいと思っています。
[PR]
by artsnpolink | 2010-05-16 00:05 | ●事務局つれづれニッキ
今日は米子訪問
今日は鳥取県西部の米子を訪問しました。
コーディネート協力をしている、トヨタ・子どもとアーティストの出会いin鳥取の打合せです。
参照:アーティスト×こども

米子に着くなり出迎えてくれたのは、この有名人。
d0097288_137557.jpg

泣く子も逃げるネズミ男さんです。
米子から境港まで列車が走っているのですが、境港といえばゲゲゲの鬼太郎の生みの親、水木しげるさんのふるさとです。ホームも0(霊)番であれば、列車も妖怪列車。今回は境港には寄りませんでしたが、いつか機会があれば行ってみたいです。

名山・大山は残念ながら雲に覆われて見えませんでしたが、大山の裾野は丘陵地に抱かれたなだらかな町並みを抜けて、今回の打合せ場所に向かったのでした。
その後のことは、アーティスト×こどもサイトをご覧ください。
[PR]
by artsnpolink | 2010-05-15 01:42 | ●事務局からのお知らせ
鳥取の魅力。鳥取城
鳥取市は、鳥取城の城下町。
d0097288_1859404.jpg
まちの至る所から、標高263メートルの久松山頂にある、かつての天守閣があった石垣を見ることができます。今回は、時間の都合でここまで登ることはできませんでしたが、いつかチャレンジ。
困ったときのウィキペディア!によると「鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にある山城跡。中世城郭として成立、戦国時代には織田信長の家臣であった羽柴秀吉と毛利軍との戦いの舞台(鳥取城の兵糧攻め)となる。江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り、近世城郭に整備された。現在は天守台、復元城門、石垣、堀、井戸等を残す。」だそう。
お城は、明治維新後の廃城令では存城とされたものの、当時の陸軍省によって払い下げられ壊されたそうです。残っていたらお宝級だろうに残念ですが、時代の選択だからしょうがない。
今日、県の文化関係の部署を訪問した帰りに、日が暮れるまでの間にちょっと立ち寄ってみました。
城跡は現在、公園として整備され、博物館があり、中学校がかつての丸の内につくられていて、自然豊かな文化ゾーンの趣きです。
d0097288_1911786.jpg
2006年度から30年かけて「史跡鳥取城跡附太閤ヶ原保存整備基本計画」の計画のもと復元作業が行われるそうで、えぐれた石垣の修復工事がされていました。
d0097288_19105096.jpg

石垣の美しい場内で、ひときわ目を惹くのがこの洋風建築。
d0097288_1921071.jpg
「仁風閣(じんぷうかく)」と呼ばれるこの洋風建築は、明治40年に建てられたフランスルネッサンス様式の西洋館(全部ウィキペディアからね・笑)。現在は国の重要文化財です。建物の名前は、東郷平八郎が名付けたそうで、昨年のフォーラム会場だった舞鶴とつながります。ちなみに、舞鶴では東郷邸をツアーでめぐりました。
舞鶴の東郷邸は普段は見学不可ですが、この仁風閣は、一般公開されています。伺った時はすでに閉館時間だったので入れませんでした。こちらもまた次回にチャレンジ。
仁風閣の裏手に復元された城門があり、ここから城山に登ることができます。
d0097288_19132044.jpg
山城らしく、階段も級で崖を巧みに壁に利用しています。
d0097288_1915547.jpg
今日は天気も良く、城壁と青空のコントラスト、新緑の緑の美しさが映えました。
d0097288_19154661.jpg
三の丸からは洋館と町並みが見渡せます。お城を中心に栄えたまちは、戦時中の鳥取大震災、戦後すぐの鳥取大火災で多くが失われました。昨日見学した五臓圓は奇跡的に残った建物だそう。
d0097288_19183127.jpg
場内には、古い神様を祀ったお稲荷さんも。
d0097288_19185685.jpg
白鳥がお見送り。鳥の劇場の横にある鹿野城のお堀の白鳥は、ここからやってきたそうな。
d0097288_1923985.jpg
帰りは市内を周遊している100円バスにのってのんびりとホテルへ。
d0097288_19235194.jpg
鳥取駅前についてふと見上げると、なんとも味わい深いまちの顔がありました。
[PR]
by artsnpolink | 2010-05-13 19:24 | ●次回*アートNPOフォーラム
鳥取の魅力。五臓圓ビル
今年度の全国アートNPOフォーラムは、鳥取で開催予定です。
そこで、舞鶴みたく、事務局樋口が見つけた鳥取の魅力をブログで紹介していきたいと思います。
鳥取では、鳥の劇場さんが中心になってフォーラムを開催することになります。
鳥の劇場さんについては、突撃!隣のアートNPOのカテゴリでも紹介していますので、ぜひご覧ください。

さて、今回鳥取で訪れたのは、中心市街地の智頭街道にある、昭和6年の建造物。
d0097288_0393242.jpg
こちらは、いまも昔も薬局として営業されているのですが、この周辺地区で唯一残る昭和初期の鉄筋コンクリート建築なのだとか。
d0097288_0395674.jpg
まさに五臓六腑に効きそうな名前!
かつてこのビルの3Fは、神戸オリエンタルホテルからシェフを呼んでいたという高級レストランとしても名を馳せた、まさにモガモボたちが集う、オサレスポットだったそう。
d0097288_0403539.jpg
d0097288_0404537.jpg
d0097288_04103.jpg
ロゴマークが階段の飾りになっています。
d0097288_0413115.jpg
階段のつくりも独特。
このビルは、保存・活用の会というビルの保存と活用を考える市民組織が活動しており、この度国の有形文化財として認定を受けたそうです。
ちょうど僕が訪問した今日は、文化庁と経産省から調査に訪れていました。
今後、経産省系の補助金を受けて復元改修に入ります。
相当痛んでいるので、改修しないとさすがにこれは難しそう。
d0097288_0432968.jpg
d0097288_0434372.jpg

d0097288_044836.jpg
この建物が有形文化財であるかどうかは別としても、このように昔からこの地域のランドマークであり、歴史に思いを馳せ、物語る建造物というのは、地域への愛着とかアイデンティティを形成するうえで、やっぱり大事なんだなと思いました。
また、この建物では、若い学生さんたちが中心となって、アート展なんかも行われています。
今後は、コミュニティカフェなどが入って、新しく生まれ変わるそうです。
鳥取に来た際には大注目!

さらに、この近隣に超オサレビルディングが。
d0097288_0481074.jpg
この建物はかつても病院。薬局といい、病院といい、なにやら医療関係の建物が面白い鳥取ですが、この建物はまだ具体的な展開が決まっておらず、もしかしたら取り壊されるかもしれないとのこと。
それはそれは残念ですが、地域の拠点として生まれ変わると、五臓園だけでは難しいだろう、地域を周遊するルートづくりに役立ちそうな印象を受けました。
残って活用されるといいのにな。
[PR]
by artsnpolink | 2010-05-13 00:49 | ●次回*アートNPOフォーラム
トップ
NPO法人アートNPOリンク http://arts-npo.org  このブログは、NPO法人アートNPOリンク事務局が運営しています。全国アートNPOフォーラムやアートNPOリンク事業へのご意見、ご提案をお願いします。
by artsnpolink
ブログパーツ
最新のトラックバック
さむーいとっとり
from AAC便り
ブログ
from よみがえる円形校舎、明倫AI..
芸術家が島の暮らしPR
from ローカルニュースの旅
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
手段なのか、目的なのか。
from donner le mot
町を捉えなおす力-別府鉄..
from donner le mot
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
アートNPOリンクがブロ..
from MCP_BLOG
関西汽船
from フェリー&港 ガイド
今回のアートNPOフォー..
from FPAP高崎の「さくてきブロ..
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧