エキサイトブックス
カテゴリ
全体
今年の全国アートNPOフォーラム
●アートNPO★NEWS
●事務局からのお知らせ
●次回*アートNPOフォーラム
●学校・講座
●事務局つれづれニッキ
●突撃!隣のアートNPO
●Beautiful Experienc
以前の記事
<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
本格始動!全国アートNPOフォーラムin鳥取
みなさま、お待たせしました!!!!
今年度の全国アートNPOフォーラムがついに本格始動です。
本日、現地実行委員会を発足し詳細について話し合われました。
まだまだこれから詰めていかないといけないところもありますが、ぜひご期待ください。
ちなみに。
今年度のフォーラムは、鳥の劇場さんをパートナーに、鳥取県鳥取市を会場に開催。
日程は、2011年3月18日〜20日。
年度末の方も多いかもしれませんが、ぜひこの機会に鳥取にお越し下さい。

本日会議の会場にお借りしたのは、鳥取駅前にある「ギャラリーそら」さんです。
どうもありがとうございました!!!
d0097288_0375898.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-09-28 00:38 | 今年の全国アートNPOフォーラム
なぜスケジュールは重なるのか
芸術の秋にそろそろ突入モードのリンク事務局です。
いま、今年度のデータバンクでてんやわんや。
そのうえフォーラムなどの準備も重なり、今月のスケジュールは殺人的。
いつ洗濯物をすればいいのでしょうか・・・(汗

9/1 近江八幡・沖島
9/3 神戸
9/5 高知
9/6 鳥取
9/8 神戸
9/9 大阪
9/11 大阪
9/13-14 東京
9/15-16 近江八幡・沖島
9/17-21 那覇
9/27-29 鳥取
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-11 03:59 | ●事務局つれづれニッキ
ダンスボックス@長田
今日は、ダンスボックスをご訪問しました。
ダンスボックスのある長田は、関西では言わずと知れた「鉄人28号」がいる街です。
d0097288_022959.jpg
さらに、鉄人のみならず、三国志の面々もおられます。
d0097288_0223122.jpg
なんでかっていうと、漫画「三国志」と「鉄人28号」は同じ横山光輝の漫画だから。横山さんは、神戸出身です。
いまwikiで調べたら、バビル2世も横山さんだった!コメットさんも!魔法使いサリーも!ええ!?赤影までも!すごいー(注:僕は再放送世代です。念のため)

さて、本題。
d0097288_0281577.jpg
ダンスボックスさんのあるビルは、阪神淡路大震災後の復興とともにできた商業・住宅ビルの中にあります。僕が大学生になって震災後に長田を訪れたときは、多くの家が焼けて広場になっており、お店はプレハブで営業していました。商店街のアーケードは熱でぐにゃりと折れ曲がったままで、震災とその後の火災のすごさを物語っていました。
15年が経ち、いまはもうその面影はありませんが、長田のみなさんには生々しい記憶として残っているといいます。
d0097288_0323926.jpg
ダンスボックスの入口。商店街のビルの4Fにあります。
d0097288_0333289.jpg
フェスゲのときにもあったライブラリーコーナー。カフェも併設されています。
d0097288_0341552.jpg
ここはもともとライブハウスだったそうで、どんなに大きな音を出しても大丈夫!とのこと。劇場っていつ入ってもなにやらワクワクする感覚があります。非日常空間だからでしょうね、きっと。
d0097288_0351525.jpg
近くにある丸五市場。ここのコミュニティスペースでもときおりダンス等のイベントをプロデュースされています。
d0097288_0362993.jpg
長田には、アジア各国の人たちが住んでいます。この商店街には、僕の好きなビルマのカレー屋「TeTe」さんがあります。
d0097288_0365081.jpg
ビルマの料理ってあんまり想像つかないかもしれませんが、カレーはいくつかの種類があって、それ以外にもサモサとか、発酵したお茶っ葉のサラダとかがあります。これはレッドカレー。タイのレッドカレーとはやっぱり違うね。マイルドで優しい味なんだけどピリリと辛くって、おいしいのだこれが!みなさんには写真でお裾分け。機会があればビルマビールも飲んでみて!
d0097288_038449.jpg
丸五を一筋抜けるとまた別の商店街。ここのお肉のデーパート・マルヨネさんには「ぼっかけコロッケ」なるコロッケがあると聞き、買いにきました。その場で揚げてくれる熱々のコロッケ。すじ肉とコンニャクの煮込みをコロッケにしたコロッケ。それがぼっかけコロッケ(たぶん)。
d0097288_039192.jpg
これがまたね、おいしいの。どれくらいおいしいかと言うとね、商店街を大声出してのたうち回ったあげく、地団駄踏みながら見ず知らずの通行人にも「喰え」と勧めたくなるぐらいにおいしいんだから!!
1個食べ終わったら、12個買っておけばよかったと後悔すること請け合い。

d0097288_0402885.jpg
地下鉄に乗って次に向かったのはここ。三宮のフラワーロードの海側、大仰な建物の神戸税関の目の前にある、旧神戸市立生糸検査所。
d0097288_0413186.jpg
この日は、昨日まで居た鳥の劇場さんがいま開催している「鳥の演劇祭」に参加しているアンサンブル・ゾネさんのワークインプログレスがあるということで見学させていただきました。
d0097288_0422972.jpg


神戸の中でも長田はなんだか独特の雰囲気のある街。神戸にお寄りの際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-09 00:53 | ●突撃!隣のアートNPO
高知の蛸蔵、ART NPO TACO
d0097288_15275539.jpg
伊丹からビューンとプロペラ機でひとっ飛び、1時間弱で高知(龍馬)空港に到着。いま高知は、どこもかしこも龍馬龍馬龍馬龍馬。恐るべしNHK。
d0097288_15285760.jpg
十数年ぶりの高知。いまとなっては珍しくなった路面電車がいい味を醸し出していました。
d0097288_1531020.jpg
今回の高知への目的は、ここ、藁工倉庫を訪問すること。
d0097288_15313814.jpg
ここは藁を保存する倉庫として昭和初期に建てられました。藁の倉庫として使われなくなってからも、倉庫として活用していたそうですが、数年前に空き物件になったのを機に、ART NPO TACOの拠点とgraffitiというオシャレなカフェショップに生まれ変わりました。
d0097288_15324031.jpg

d0097288_15331287.jpg
店内は地元の作家さんグッズのほか、明和電機や奈良美智など著名アーティストのグッズ、書籍などが販売されていました。
とくにART NPO TACOさんの関連書籍は秀逸。高知遺産はおすすめ!
d0097288_15354050.jpg
今回訪れた時は、イチハラヒロコさんの展覧会に関するコーナーがありました。TACOさんとイチハラさんが一緒に出した書籍を展示販売しておられたり、「イチハラヒロコ恋みくじ」(100円)もありました。
もちろんこれはやってみるっきゃない!
d0097288_15372054.jpg
・・・ヤバイこれ(笑)。額装して末代まで語り継がんな!!!
d0097288_15374742.jpg
つぎにgraffitiの隣の蛸蔵を見学。ここでは映画上映や舞台、音楽ライブなどが開催されているそうです。やっぱり古い建物を使ったアートスペースはどこも同じ問題を抱えていますが、ここでも音漏れによるご近所さんからの苦情もたまにあるそう。悩ましい問題ですね。
d0097288_15392027.jpg
graffitiにはカフェも併設されているので、ぜひおいしいコーヒーを飲んでみてください。倉庫の土壁の優しい雰囲気につつまれたカフェギャラリー。高知に来たら足を運んでみては。
http://tacobooks.shop-pro.jp/
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-07 15:43 | ●突撃!隣のアートNPO
新生!CAP STUDIO
d0097288_15201483.jpg
CAP STUDIO Y3を訪問してきました。以前のCAP HOUSEを知っている方は、この外観にちょっと驚くかもしれませんね。最初、僕もここだっけかな?と思いました(笑)
d0097288_15213028.jpg
この建物はもともと海外移住、とくにブラジルに移民する人たちが船での生活に慣れるために滞在する施設だったそう。
d0097288_15221690.jpg
いまここは海外移住と文化を紹介する施設として、新たにスタートしました。
d0097288_1523960.jpg
館内には移住の歴史を紹介するミュージアムのほか、日系ブラジル人や在日外国人のための施設、そしてCAPさんが入居しています。
d0097288_15242714.jpg
この建物は、船の構造に似せて作られているため、天井が低く作られています。
d0097288_1525861.jpg
この日は、子どもたちの作品が展示されていました。
d0097288_15252947.jpg
開いていたスタジオがあったので、写真を撮らせてもらいました。中はこんな感じで、作品制作ができるようになっています。基本的にドアはオープンにして、どなたでも自由に制作風景を見学することができます。
d0097288_15444617.jpg
この日、残念ながらカフェはお休み。以前はワイルドな屋台風だったカフェも、新しくなって「カフェ」になってました。
CAPの詳しい活動は、こちらをご覧ください。
http://www.cap-kobe.com/
[PR]
by artsnpolink | 2010-09-07 15:26 | ●突撃!隣のアートNPO
文化審議会文化政策部会・第3次基本方針策定に向けたヒアリング
文化審議会文化政策部会より、アートNPOリンクに意見提案ならびにヒアリングの依頼が届きました。
文化審議会文化政策部会では、「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第3次基本方針)」の策定に向けて、文化芸術関係団体のヒアリングを実施しています。
この度、アートNPOリンクがNPO法人の中間支援団体ということでヒアリングを受けることになりました。

その他のヒアリング団体は下記の団体です(敬称略)。
日本芸能実演家団体協議会
全日本舞台・テレビ技術関連団体連絡協議会
日本漫画家協会
日本アニメーター・演出協会
日本オーケストラ連盟
能楽協会
全国町並み保存連盟
企業メセナ協議会
日本劇団協議会
日本演奏連盟
日本写真家協会
全国国宝重要文化財所有者連盟
全国公立文化施設協会
映像産業振興機構(VIPO)


アートNPOリンクでは、書面にて下記の通り意見を提出しております。
なお、意見提出項目は、文化審議会文化政策部会からの指定です。
--
1.現行の基本方針(第2次基本方針)の評価と課題について
『第2次基本方針』で掲げられた内容は、幅広い文化芸術分野と、都市部だけでなく地域に対しても、全方位的に配慮された内容だと評価しています。また、その方針に沿って国の役割を推進されていることも理解しています。

【「エバリュエーション」の仕組み、体制の構築】
その一方で、『第2次基本方針』では抽象的な表現が多く、方針の策定と施策の実施によって、従前と比べてどのような成果があったのか、文化芸術活動を実践する者が把握することは容易ではなく、国民に対する説明も不十分であると考えます。よって、方針に則った施策の成果について、評価を行い、現場のニーズを把握し、国民への説明とより良い施策の構築を行う(この一連の流れを当団体では「エバリュエーション」と捉えています)ための、仕組みや体制づくりが課題の一つであると考えます。

【助成に関する「専門的機関」に関する検討について】
こうした点から、『第2次基本方針』の「重点的に取り組むべき事項」の中で、「文化庁、芸術文化振興基金、その他の助成機関等の適切な役割分担を図るとともに、審査・評価を充実させ…専門的機関を経由して助成する再助成制度の有効性も検討する必要がある」という記述があり、その必要性は、当団体も強く賛同します。しかし、この「専門的機関」について、どのような検討が国として進められているのか、説明が不足していると考えます。また、こうした検討のために、現場から意見を述べる機会や対話する機会を設けるべきであると考えます。

2.今後(第3次基本方針の下で)、重点的に推進すべき事項(重点施策)について
既に当団体からは、先般の「審議経過報告」に関する意見募集にも意見を提出しておりますが、ここでは改めて強調したい事項を述べます。

【助成制度の改革について】
助成制度のあり方に関しては長い間の検討事項であり、実際に問題も発生しています。この点については、アートNPOのみならず多くの文化芸術団体にとっても強く変革を求める重要な検討事項です。我々は、赤字補填(自己負担の範囲内)を前提とした助成制度からの脱却と制度の見直しを強く望んでいます。
アートNPOの収支構造は、基本的な管理・運営費(人件費)が設置団体から支給される公立文化施設、チケット収入の見込める(実演)芸術団体とはまったく異なっており、従来のような『助成対象経費の1/3(1/2)助成』、『全額後払い』、『間接経費が認められない』制度は現実的ではありません。
これまでの助成プログラムの制度設計を見直し、費目を特定した支援(助成対象経費や自己負担金による上限の撤廃)、団体の運営スタッフの場合でも事業担当者の実働時間の人件費を助成対象とすること、交付予定額の概算払いといった制度の改正を、強く求めます。
また、こうした改正のために必要な調査研究や国民への説明について、当団体は積極的に協力します。

【地域の創造拠点の形成に関すること】
「地域の核となる文化芸術拠点への支援を拡充する」にあたっては、公立文化施設のみならず、地域資源(遊休となった公的施設、無人化が進行する中心市街地の空き店舗、空き民家、工場施設等建造物) を活用した拠点の形成と、そこにおける活動支援を望みます。地域には、既存文化施設のみならず、文化芸術の拠点となりうる多くの地域資源が眠っています。これら地域資源を有効に活用することにより、地域に根ざした文化芸術を活性化させるだけではなく、地域の創造力を喚起して、地域の課題解決に取り組んでいることが求められています。

【アートNPOの人材育成に関すること】
「NPO法人等『新しい公共』による文化芸術活動を支援する」ためにも脆弱な財政基盤や人材不足といった現状の課題に則した支援のあり方が必要であり、複数年継続を前提とした委託事業、補助事業(助成を含む)の制度設計や、現場の予算執行に裁量権を持たせた運用(間接経費を)を切望しています。「新しい公共」による文化政策を推進するためにも、NPOの実態に即した助成制度の設計を行うべきだと考えます。

【「日本版アーツカウンシル(仮称)」について】
「日本版アーツカウンシル(仮称)」については、先に述べた「エバリュエーション」の仕組み、体制の構築を考えると、助成金の分配だけを行う専門機関ではないと考えます。現場のニーズを把握し、より良い助成プログラムの構築につなげていく調査研究能力、全政党への政策提言、文化庁のみならずすべての省庁に対する政策立案能力を備えたシンクタンク機能を有する組織であることが必要です。また、「地域アーツカウンシル」の設立を視野に入れ、芸術団体やアートNPOとの人事交流を行い、地域や現場の声が直接反映できる体制を整える必要があります。

3.その他、基本方針の見直し全般について
〈アートNPOは、市民社会における「公共の役割」を担っている〉
アートNPOや地域における文化芸術活動は、営利を目的とするものではなく、また、個人の自己表現や自己実現の追求でもありません。アートNPOは、各地で生み出され、展開されてきたさまざまなアートプロジェクトを通じて、、社会の多様性を尊重し、新たな価値を創造しています。その成果として地域文化の活性、社会的包括の実現、社会関係資本の増大をもたらすこれら諸活動は、市民社会において公益的な活動(公共的な事業)だと捉え直すことが、基本方針の重要な考え方に反映されることを求めます。

【地方における文化芸術活動の「水準」について】
また、第2次基本方針の中で「文化芸術の頂点の伸長,裾野の拡大」という言葉が用いられていますが、ともすると「頂点」=東京等の都市圏、「裾野」=地方、といった中央集権的な構図に捉えられているように見受けられます。というのも、各種の助成事業の申請における現在のような審査体制では、地方での文化芸術活動の質(水準)を正当に評価することが可能であるのか、地方の現場での成果やニーズを汲み取ることが可能であるのか、疑問に感じるからです。
地方分権の流れにおいて、地方で展開されている「水準の高い」事業を評価すること、あるいは地方での文化芸術活動の水準を高めていくことで、日本全体の文化の水準を高めていくことが必要だと考えます。


〈参照〉第2次基本方針は文化庁サイトにてご確認いただけます。
文化芸術の振興に関する基本的な方針(平成十九年二月九日閣議決定)
http://www.bunka.go.jp/bunka_gyousei/housin/kihon_housin_2ji.html

[PR]
by artsnpolink | 2010-09-02 14:41 | ●アートNPO★NEWS
日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島
今日は、琵琶湖に浮かぶ有人島、沖島に来ています。
沖島には、バヤンガンズのメンバーと、NPOひょうたんからKo-Maの藤田さん、アサヒビールの根本さんとともに、10月に開催予定のAAF学校in近江八幡の下見と打合せの目的で来島しました。
近江八幡にある堀切港から10分ほどの島。
島民はほぼ漁業に従事しています。
島民は450人ほど。
島には小学校もあり、10名の子どもたちが通っています。
AAF学校in近江八幡では、バヤンガンズのメンバーによる影絵のワークショップを開催する予定。
いまから奥津島神社に向かうので、詳細はまた後日。
みなさんお楽しみに!
d0097288_13325066.jpg

[PR]
by artsnpolink | 2010-09-01 13:33 | ●学校・講座
トップ
NPO法人アートNPOリンク http://arts-npo.org  このブログは、NPO法人アートNPOリンク事務局が運営しています。全国アートNPOフォーラムやアートNPOリンク事業へのご意見、ご提案をお願いします。
by artsnpolink
ブログパーツ
最新のトラックバック
さむーいとっとり
from AAC便り
ブログ
from よみがえる円形校舎、明倫AI..
芸術家が島の暮らしPR
from ローカルニュースの旅
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
手段なのか、目的なのか。
from donner le mot
町を捉えなおす力-別府鉄..
from donner le mot
BEPPU PROJEC..
from CAT-Diary
アートNPOリンクがブロ..
from MCP_BLOG
関西汽船
from フェリー&港 ガイド
今回のアートNPOフォー..
from FPAP高崎の「さくてきブロ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧